Yo te amo

Te adoro



For Latin Music Lover

サルサ、ラテンポップスなど中南米のラテンミュージックを紹介するページです。味わい深いラテン音楽との出会いがきっとあります。

LDGをお楽しみの間のBGMとして左のインターネットラジオがお勧めです。batangaは色々なラテンが楽しめます。Salsa Streamはちょっとマニア向け。Cali es Caliではラテン美男美女コーナーもあり!


English version/Version Espanolサルサ、ラテンポップスなど中南米のラテンミュージックを紹介するホームページです。

今回のおすすめDISC

ipod

シャッフルを持っていたんですがやはり液晶がないと不便だなとかねがね液晶つきのMP3プレーヤーが欲しくてお買い得品があれば買おうと思っていたのです が昨日虫の知らせかふとAppleのホームページを見ると調製品(不良品を修理したもの)が格安で売っているのを発見しナノ2G 黒を注文しました。 198ドルが129ドルになっていました。日本でも同じセールをやっていますが既に一日たったら1Gは売り切れのようです。
シャッフル1Gで容量は十分だったので4G (169ドル)にするか迷ったのですが飛行機に乗るときの暇つぶしだけに使うので2Gで十分としました。音楽もそうですがPodcastingのコラムの花道が面白くて取りだめて飛行機に乗るとき聞いています。
http://www.tbs.co.jp/radio/st/
液晶がないとエピソードの選択が非常に不便だった。
アメリカの通販Amazonなどは調整品(Refurbished)がよく安売りされておりBrownのシェーバーやオーブンなど家電が半額近くなるので好んで買っています。
配送まで1週間ですがとても待ち遠しいです。最近物欲が薄れていて買い物もあまりしないのですがこれは久しぶりに欲しいとNANO発売当時から思っていたのでうれしいです。待ちの勝利ですね。

過去のおすすめDISC

これまでのレビューがまとめてあります

ラテン音楽初心者の為の1stガイド
まずはこの辺りから聞いておけば、ラテンミュージックにはまること間違いなし
ラテン 愛の詩の世界
紹介しているCDの入手方法、その他ラテン音楽情報の入手先
ラテン系映画の紹介

カオス渦巻く何でもありのEGO TRIP WORLD

Costa Rica編-Cuba編1-2-Guatemala編-中米編
El Viaje-中米・キューバ旅行記
感想、お勧めCDとか何でも書いてきゃー
なんか書いてけっつの、告知等もどうぞ。


2005年に買ったCDです。10枚くらいしか買ってませんので全く現在のシーンについていってませんが。




Mark Anthony/Valio la pena
サルサのLEXUS ★★★★

前作のレビューで元ミスユニバースの奥さんとの子供も生まれ...などと書いていたのですがこのレビューを書いている2005年末時点ですでにその奥さんと別れてなんとジェニファーロペスと再婚してしまいました。JloといえばMark AnthonyとのDuet曲No me amesが有名なわけですがそのときが出会いになるのでしょうかね。今作でも2曲目でデュエットしています。Nome amesほどはヒットしなかったようですが。2匹目のドジョウは捕まらなかったと。
前作の続きで有能プロデューサー、作詞作曲軍団が製作という感じでクオリティーはLexusの様に高く佳曲ぞろいですが
グッとくるものがないですね。
次のサルサアルバムまでにはJloと離婚してる。間違いない。


Polo Montanez/ Guajiro Natural (農民生まれ)
天国へ登ったイノセントな魂 ★★★★+

初めてPolo Montanezを聞いたときさわやかな新人が出てきたな、なんかBeginのデビューアルバムを思わせるようなさわやかさだなと思いました。その後の情報によってこの人は90年くらいまでは農民、きこりなどをして音楽は好きで仕事が終わった後に演奏していたが’94年40を過ぎたくらいから本格的にプロとしてスタートした人だということがわかりました。
僕が感じたさわやかさというのはそのイノセントな感じが声や音楽から伝わってきたものだと思います。それで若い新人だと思った思ったのです。アルバムを見れば日焼けしてた皺の刻み込まれた顔やごつい指から彼の経歴が頷けます。


彼の音楽は Sonに似たGuajiro音楽というか彼独特のものですがメロディーに郷愁があって彼のイノセントな歌声と相まって心に響きます。特にバイオリンと絡むBolero曲(4.Donede estara, 5,Si fuera mia, 8. Mi mejor amiga 12. Como sera manana)が素晴らしい。大ヒット曲のUn monton de estrellasもこの彼のファーストアルバムに入っています。

私が彼を知ったのは2005年ですが彼は2002年の末にすでにハバナからPinarl de rioの彼の故郷San Cristobalへ向かう途中の交通事故で彼の息子と一緒に亡くなってしまったとのことです。丁度この2000年リリースのアルバムが世界的にヒットして2ndアルバムのGuitarra miaを出してこれからというときにです。残念としかいいようがないです。


Polo Montanez/ Guitarra mia (私のギター)
もう会えない ★★★★

デビューアルバムに続くセカンドがこのアルバムです。このアルバムをリリースした直後に交通事故でなくなっています。
デビューアルバムと基本的に同じ感じでアコースティックなSon系のさわやか系アップテンポな曲と泣きのバイオリンの絡むボレロ曲がバランスよく入っています。デビューアルバムより全体的にはまとまっている感じで彼の音楽が気に入った人はこのアルバムも気に入るでしょう。
彼のデビューアルバムは最初コロンビアで火がついてその後中南米、ヨーロッパへ人気が広がったとのことでその感謝を表すためかその名もColombiaという曲が2曲目に入っていてコロンビア、ボゴタ、サンタマルタ、バランキージャ、カルタヘナ〜とコロンビアの地名を歌いながら女性もきれいだーと歌っています。
出張で行ったドイツのフランクフルトでラテンバーを発見してPolo Montanezかけてくれといったらかけてくれました。 あの愛想のよい女性のバーテンダーはコロンビアナだったかな。


Yusa/ Breathe (息吹)
深化していく才能 ★★★★+

新しいキューバ音楽を感じさせたデビューアルバムで成功しめでたくセカンドもリリースしてくれました。デビューアルバムの衝撃はないのですがその分深化した感じです。音的にもさらにキューバを離れてよりブラジルやJazz、Soulの要素が増えて英語の歌詞(Breath)も入ってよりインターナショナルな雰囲気です。キューバらしさがあまり感じられないのは残念ですが前進しているのは間違いないので今後も期待ができます。

ちなみに私の嫁はラティーナですがブラジル音楽アレルギーがあってYusaも全く受け付けません。ブラジル系の音は洗練されすぎていてスペイン語圏ラテン人にはついていけないのだと思います。このアルバムも楽しめるのですがこの理由によってあまり家で聞けないのが残念です。



の基準

★★★★★ これ聞かないで何聞くって言うの? 即買いよ、即買い、じれったいわね。だから女に逃げられるのよ。
★★★★ あたし結構楽しませて貰ったわ。今晩あなたも一緒にどう?..........どうなのよ!
★★★ あたし的にはOKなんだけど。あなたについてこれるかしら?............だからこっち来なさいって言ってるでしょ! 


 



励ましのお便り宛先salselo@hotmail.com

適当に書き飛ばしているためコンテンツに間違いなどがあればお知らせしていただくとありがたいです。

Link? Como No!